2016/04/04

YUTASEZUTA スクールレポート 4/3 AM&PM


4月3日 日曜日 太東海岸
曇り オフショア ももこし たまに はらむね
 
1日を通して 太東海岸は良い波でした。
混雑こそありましたが 人のいないピークもちらほら。
 
そして4月に入ってはじめてのスクール。
水温も徐々に暖かくなってきています。
 
-------------------------------------------
 
今日みたいに人が多く セットもたまに胸くらいの波が
入ってくるコンディションだと ロングボーダーは遠慮しがち。
 
アウトにでて ラインナップから波をつかむためには
いろいろなことを気をつけないといけないので疲れますよね。
 
こわい、不安、怪我するかも...
 
などの不安要素がたくさん湧き出てくると思います。
 
この不安要素というのは
自分達プロサーファーにもついてまわります。
どうにか消そうとしても消える物でもないですし
となれば有効に活用していきたいです。
 
-----------------------------------------
 
不安要素が生まれる要因のひとつに
「自分のレベルでここでサーフィンできるかどうか わからない」
ということがあります。
 
大切なのは「わからない」と言う部分。
 
何が わからないのか?
 
これを明確にすれば 不安要素は消えていきます。
 
怖いものは 波でもなく 人でもなく
この「わからない」という自分のマインドです。
 
-------------------------------------------
 
スクールですと 「やらなければいけない!」
と 緊張したり追い込みがちですが
サーフィンにこれは不要です。
スクールでも不要です。
 
やりたくてやるサーフィンですから。
スクールでもここはとても尊重します。
 
スクール生の方が不安になっているときは
付き添いでパドルしてみたり
ダメそうであれば その場で一度海から上がります。
 
常にステップアップするときは
自分よりスキルの高い人と同じ場所でサーフする事です。
 
そういった意味では ゲッティングアウトできただけでも
100点満点のコンディションもあるでしょう。
 
----------------------------------------------
 
自分にとってのサーフィンとは唯一無二です。
楽しく出来る範囲を 自分自身と相談しましょう。
 
そうして自分と向き合い サーフィンすることにより
より自分の性格や思いこみ方を把握することにつながります。
 
そうすればより自分のスタイルを磨くことへつながります。
 
今日はすこし話がそれましたが
自分にとってのサーフィンを知って
どんなコンディションでも楽しめるようになりたいですね。
 
YUTA
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿