カスタムオーダー The Crescent 10' by Tudor Surfboard


 
The Crescent 10'
by Tudor surfboard
 
サーフショップなのに サーフボードの紹介が
おろそかになっておりました... 大変失礼いたしました。
今後はきちんと載せてまいります。
 
今回紹介するのはスクールを幾度もリピートしていただいている
お客様のカスタムオーダーボード。
 
スペックは 10' - 23'5/8 - 3'3/16
ラミネートは ALL 6oz / ブラウンTINT
オプションに センター寄りのスリーストリンガー
 
--------------------------------------------
 
まずはスペック。
ここはとてもこだわりました。
 
以前から9'8~10'のロングボードを乗っているお客様ですが
メーカーが変われば乗り味も変わります。
 
これは各々感覚があると思うので一概には言えませんが
ロングボードのベーシックなスペック
 
「9'6×23'×3'」
 
これが基本となります。
 
ボリュームたっぷりのノーズライダーを作りたかったので
長さを10'にした分 幅と厚みもわずかにボリュームアップ。
 
スペックとしてはかなり大きくなりましたが
ここはさすがのTUDOR SURFBOARD。
 
アウトラインやそのフォルムを崩さずに
きれいな3次元を形成して仕上がってきました。
 
---------------------------------------
 
そしてスペックが大きめだったので
ラミネートは少し取り回しを良くするために
すべて6ozを使用。
 
ターンの軽さや初速の速さをこれで補いました。
 
日本や千葉あたりでサーフする際には
ちょっぴーな海面だったり パワーのないビーチブレイクが
多かったりしますので、どこかにそのテイストを落とし込むことが
必要となります。
 
----------------------------------------
 
そしてスリーストリンガーにすることにより
「がわ」の厚みより 芯材をしっかり
させました。
 
ラミネートに10ozを使って重たくさせるのか
それともストリンガーで芯材をしっかりさせるのか―。
 
結果同じ kg になったとしても
その内容は全く変わってきます。
 
ラミネートは6ozで比較的薄い生地を使えば
しなりを損なうことがありません。
 
スリーストリンガーもセンター寄りにすることで
加速時、トリム時、ノーズライド時のホールド感をアップ。
 
これがセンターに寄らないスリーストリンガーですと
若干しなりが損なわれ 固くなりやすくなります。
 
それはそれで良いところでもありますが
今回はあくまでもハングテンを目指すうえのデザインなので
センター寄りとなりました。
 
---------------------------------------------------
 
 
さっそくこのボードに乗ったお客様より感想をいただきましたが
「とにかく水のぬけがスムースで気持ちいい」とのこと。
終始笑顔で「これからのサーフィンの可能性が無限大になりました。」
と大変嬉しいお言葉をいただきました。
 
YUTASEZUTA スクールを始めて約1年となりますが
こうしてお客様がスクールをたずねて スキルアップしていく中
サーフボードの知識も身につけながら 新しい世界を開拓していくのを見るのは
本当に感無量です。
 
自分にあったボード探しはとても大切です。
それが新品であれ中古であれ。
ましてやロングボードじゃないかもしれません。
 
自分のためのボード。
自分が楽しくサーフィンライフを送れるように。
 
スクールも それが一番の目的です。
なにもハングテンがゴールじゃありません。
 
これからも皆さまのサーフィンライフに寄り添うように
YRはサポートさせていただきます。
 
なんでもお気軽にお問い合わせください。
 
YUTA


コメント

このブログの人気の投稿

【NEW!! 】THOMAS SURFBOARD from NOOSAHEADS AUSTRALIA

6月13日〜29日 おやすみ / カリフォルニア出張のため

デモボードのご案内 - TUDOR SURFBOARD / チューダーサーフボード