2017/06/21

【写真で振り返る】YR SURF CAMP In バリ ファイナル

YR SURFCAMP In バリ 写真で振り返るシリーズ。
 
後半戦はほとんど写真が無く...泣
 
コンテストのいくつかの写真と表彰式のみお伝えいたします。
 
 
 
 













フィッシュフライコンペは ローカル勢をおさえて
ヌーサのトムモラットが優勝。
 
チャンプには リッチ・パベルのハンドシェイプのツインがプレゼント!!
 
たまんないっす。
そんな大会なかなかないです。
 

 
 
 


 
ボディサーフはハリソンが優勝。
安定感抜群です。
 



UNDER 9ft &Single 9フィート以下のミッドレングスクラスも
ハリソンが優勝。
 
今回はセルフシェイプのウィングピンテールのボードで優勝。
 

 




レディースは 1位にハワイアンのロジー。
2位に同じくハワイアンのシエラ。
3位に日本からピロさん。
 
 



そしてメインの9ft & Singleですが
これもハリソン。さすがにここまでいくとつまらない。笑
 
本人もこの苦笑い。笑
 
去年も今年も トリプルクラウン。
いわゆる ロング・ミッドレングス・ボディサーフ
すべての部門で優勝。
 
フィッシュフライこそ優勝できませんでしたが
それでも、さすがの一言。
 

 
優勝したらトーマスのロングボードがもらえるのですが
ハリソンだったので、カリフォルニアの若手ウェスにプレゼント。
 
10代の若手が活き活きしていて
またそれを支える先輩方も素晴らしい。
 

こうしてイベントも無事終了。
最後は写真少なめでしたが、ご勘弁を...笑
 
-----------
 
DEUSのイベントは ゆるやかでありながら
クオリティも高く またチャングーという土地柄もあり
非常に楽しみやすいです。
 
また来年も来たいですね。
 
YUTA
 


2017/06/18

Original surfTrunks for LADIES"



 
 
今年で2作目のYRオリジナルのサーフトランクス
 
今期は遅ればせながらレディースタイプも作ってみました
 
もともとアンチサーフトランクス派だった私なので昨年はレディースをつくることは
考えていませんでしたが
 
お客様からの声と
縫製をお願いしている信頼と実績のDWARFさんとの良いコミュニケーションで
綺麗な型が仕上がりました
 
サーフトランクスと言うよりは 水陸どちらも履けるショーツです
 
余計な幅を取り過ぎず
女性らしい柔らかいヒップライン
裾から出る足のラインを綺麗に魅せるカット
イメージ的にはいつもさっと手に取るデニムショーツ
 
形も良く生地厚も丁度よいので
素晴らしく履きやすいです
 
デザインはMen'sとリンクするよう だけど優しく
サイドのラインは両端にいれ
ヒップのポケットもフラップをつけて使いやすく

縫製しっかり 丁寧なお仕事
これは 作ってよかった! の一言です
永く履いてください
 
Color
Navy(white line)   //  Yellow(blue line)
 
Size
SM(26inc)  //  ML(27inc)
[ Levi'sデニム29インチのRyobayは 
この26インチ=少し小さい 27インチ=ちょうどよい~少しゆとり有]
 
Price
¥15.120-(税込)
 
上記のサイズ以外でも+1.000-でオーダー可能
 
オーダー締め切 7月8日土曜日
 
ズララッとサンプル写真をご覧ください

 

 





 




 
ご来店可能な方は ぜひ ご試着をおススメいたします
欲しくなりますから ♡
 
遠方の方や期間中来店できない方にもメールにて対応いたしますので
お問い合わせください
メンズラインは6/18にてオーダー締め切いたしましたが
お揃いでオーダーしたい! まだ間に合いますか?! 等々
 
こちらも合わせてお問い合わせください
 
久しぶりに登場のRyobayでした



 
そして 紹介したい商品はまだまだ続く~...
 
 
 
 
 
R.
 


 
 
 
 
 

【SOLD OUT】THE CRESCENT 9'7 by TUDOR SURFBOARD


 
THE CRESCENT 9'7 by TUDOR SURFBOARD
ザ・クレシェント 9'7 / チューダーサーフボード
266,000円 税抜 (*オーダーフェア期間中のプライスです) 
SOLD OUT
 
ノーズライドこそ生きがい。
ハングテンこそ我が人生。
という方におススメの「ザ・クレシェント」
 
チューダーの中でも、長くノーズにステイすることを一番に
デザインされたノーズライダーオブノーズライダーです。
 
 
全体的に幅を持たせたアウトライン。
ワイドなノーズに、ストレートラインを少し多めに。
テールのみややカーブとロッカー(キック)を利かせ
ハーフムーンテールを採用しています。
 
ワイドなノーズ/センター部分により、安定感とスローな走り出しを。
ストレートラインに合わせてしっかりとレールをセットすれば、安定感+スピードが。
テールのカーブとキックは、ストールコントロールがとてもしやすく、ピポットターンもGOOD。
 
ハーフムーンテールの間に水が流れると、水流が集まるようにデザインされており
特にウォーキング~ノーズライド~ハングテンまで、抜群の安定感を発揮します。
ピボットフィンなどと合わせると無敵のフィーリングです。
 
 


 
 上の動画は、以前ジョエルが運営していたレーベル「KOOKBOX SURFBOARD」にて
今のTHE CRESCENTモデルの原型を、テストし始めた時の映像です。
 
 大きなターンは特に見られず、ストールやピボットターンでのテールコントロール。
スローな滑り出しや、急激にスピードアップしないのも必見。
全体的にワイドなアウトラインが、その適度なスローさを生みます。
 
ノースでのステイする時間、ハングテンの長さは一目瞭然ですね。
ノーズでのリフトやフロウは、ハーフムーンテールによるところがとても大きいです。
 
===============
 
綺麗なネイビーとターコイズのティントカラーに
グルラインが良い感じの風合い。
 
カスタムオーダーではお好みに合わせて、ストリンガーからラミネート/グラッシング
その他細かなサイズもカスタムできます。
 
TUDOR SURFBOARDの納期は4~5か月となります。
随時オーダーも受け付けております。
またいくつかの試乗ボードもご用意しております。
 
お気軽にお問い合わせくださいませ。
 
YUTA
 

2017/06/17

【写真で振り返る】YR SURF CAMP in バリ 2,3日目

 
写真で振り返ってみると 意外に写真が少ないことに気づく........。
 
(楽しいから) 写真撮り忘れてしまいますね。
 
さて2日目からイベントもスタート。
 
まずはFISH FLY COMP - フィッシュのサーフコンテストから。
 







 
THE LAWNといるレストラン&バーをコンテスト会場にしてあります。
プールも自由に飛び込めるし、アイスラテなんかも自由にオーダーできます。
ビンタンビールは協賛で配りまわっていました。
 
観客の皆さんも最高の環境で観戦。
 
すこしサイズも上がって頭オーバーのコンディションの中
フィッシュ愛好家による素晴らしいライディングが披露されました。
 
 
そのへんFISHだらけです。
 




 
ファイナリストにはローカルのサーフクラブから3名が勝ち残り
残り1名は右端の坊主頭 トム・モラット。ヌーサの若手です。16とか17歳とか。
 
トーマスべクソンに聞いてみると
今ヌーサでは10代前半のキッズサーファーは
ロングとショートをきちんと乗り分けているそう。
 
そうして中にはトム・モラットのように フィッシュで
頭角をあらわす若手も出てきており
ヌーサのサーフカルチャーが きちんと育まれている証拠でもあります。
 
太東も頑張らんと。
 
 

 
プールサイドでクールダウンしながら ランチもしばしば。
 
そのまま夕方までまったりと過ごしました。
============
 
そして3日目 WOMP COMP - ボディサーフのコンテストへ
 



「波来てるぞー」 は ジャレッドメル。
 

 
吉川広夏こと ピロも ボディサーフコンテストへ急遽参加。
このキャップをかぶるのですが、初参戦時はちょっと照れます。笑
違和感ありありのピロ。笑
 

トーマスべクソンもWOMP COMPに参加。
これでも脱げないから不思議。
 

 
YRおよびジャパンチームでソファ陣取り のんびり観戦。
日陰もあるので、心地よく観戦出来ます。
 
もちろんビーチでは飲み物・食べ物もサーブされます。
(写真撮り忘れた...)







 
 
夕方は毎日こんなかんじで サンセットサーフ。
ダラダラと割れるメロウな波で 日本にはない波質を満喫。
 
この頃にはみなさん慣れてきて、たいぶ充実感が生まれてきます。
 
つづく.........