YUTASEZUTA スクールレポート 4/9

 
4月9日土曜日 太東海岸
晴れ ひざセットもも オフショア
 
春らしい波でのスクールでした。
ちいさい波でしたが 地形が良く
ピークはポコッと立ち上がる波でした。
 
このポコッと立ち上がる または 掘れあがるような波だと
テイクオフの確率が下がる人が多いです。
 
パーリングするのにおびえると 波に置いて行かれ
いけると思うと パーリングしてしまう―。
 
ちょっとしたポイントをふたつ 説明します。
 
--------------------------------------------
 
 
パーリングしそうなときは ノーズを持ち上げるために
胸を張るように ひくように 重心を上に逃がすような
そんな動作を取ると思います。
 
たしかにノーズが刺さりそうなので
それを浮かすためには そういうイメージとなりますが
ここでもうひとつ。
 
下半身でテールを沈めるようなイメージもしましょう。
 
刺さりそうなときに 胸を張るのと同時に
股間のあたりを 支点に センター~テールを沈めるようにします。
 
常にボードはシーソーのように 上下に動かすイメージになります。
したがってノーズを上げたいのであれば テールをさげる。
 
実際には目で見たり  実感するのは難しいですが
気を付けていると 徐々に体が感覚を探し出し
慣れてくるようになります。
 
------------------------------------------
 
そしてもうひとつは パーリングする前に
進行方向のレールを入れてしまう ことです。
 
今さっきの話じゃないですが
ノーズがささる ということは テールが持ち上げられる
ということです。
 
テールが持ち上げられるほどのパワーがあるポジションにいるわけですから
その時はパドルは必要なく テイクオフのモーションに入っていくときだと思います。
 
あらかじめよく波を見て 持ち上げられるタイミングを図りながら
事前にレールをセットしていきます。
 
実際には素早い動きとなるので 最初はよく巻き上げられてしまいますが
そうしているうちに 波のパワーをよく理解できるようになります。
ボード全体で波のパワーを拾うので。
 
 
このふたつ イメージして ぜひトライしてみてください。
 
YUTA


コメント

このブログの人気の投稿

【NEW!! 】THOMAS SURFBOARD from NOOSAHEADS AUSTRALIA

6月13日〜29日 おやすみ / カリフォルニア出張のため

デモボードのご案内 - TUDOR SURFBOARD / チューダーサーフボード