2015/05/13

若杉ばあちゃんの教え

 
 
若杉ばぁちゃん
 
 
先日のお休みを利用してこの方の教えに触れてきました
 
御年 80歳  背筋真っ直ぐ 白髪もない 
 
なぜならば 本物の食事をしているから
 


この日は 午前中は野草を使ったお料理教室
 
 
実際にみんなで山を歩き野草を摘む

 
 
そして 野草にはどんなパワーがあるのか
 
食べてていいもの 悪い物
 
正しい灰汁の抜き方



そして実際の調理の仕方  
 
始めてお料理教室という物に参加しましたが
 
凄く面白かったです 
 
ばあちゃんの娘さんのノリカさんが教えてくれる調理法は
 
本当に昔の方がしていた調理法で、私は凄く共感しました
 
一番共感したことは 
”人の手からは気が出ていて、和え物混ぜ物をするときは必ず5本の菜箸(手)
で気持ちを込めて混ぜるのよ”
 
私も本当にそう思います サラダを和える時だって
バナナを潰す時だって手でやるのが一番美味しい。
 
 


 


 
 
今回作った献立は
 
 
セリと桑の葉、蕗の白和え
三つ葉の磯辺和え
野草のぬた
にらのチジミ
葛の芽とたけのこのチンジャオロース風
わかめスープ
三分つき米
ヨモギ茶
 
 
 
毎日これだけ食べるのではなく一品野草を取り入れるだけでいいのよ
 
毎日これだけ食べたら解毒しすぎて大変 ^-^
 
・玄米は栄養がたっぷりあるから一緒におかずを食べると
栄養過多になってしまう
おかずを沢山食べたい人は五分つき、三分つき米を食べるといい
 
・魚を食べると身体に蛋白質が溜まるから一緒に蕗(フキ)を食べると良い
 
・卵や鶏肉を食べると身体に蛋白質が溜まるから三つ葉やセリを一緒に食べると良い
 
ここには書ききれないけれど沢山の事を教えていただきました

 
 
 
 
 
そして午後はばあちゃんの講演会
 
番びっくりしたことは講演会、約2時間のあいだ
 
ばぁちゃんは”椅子なんて要らないよ”とたったまま精力的に話続けてくれました
 
 
 
 
 
なぜ野草が良いのか 今はどんな時代なのか より詳しくより実践的に教えてくれました
 
 
 
 
マクロビとかローフードとか言ってるけど
それよりも今はどんな時代なのか時代を読まなきゃだめなの!!
 
偽者しかないこんな世の中  ちゃんとした物を食べて
大地から栄養を貰わなきゃだめよ!
 
 
元気な赤ちゃんを産むには 生きている恵みをしっかり食べなさい  と。
 
 
 
今の人は買って満足するから 
スーパーマーケットで養殖で育った魚や
添加物沢山の死んだ食べ物を沢山かって、冷蔵庫に終い込み
賞味期限が来たら捨てる
 
 
加工された物を食べているのは人間だけ
 
動物、生物は皆狩をしたり 生きている草木を食べている
 
野草って言うのは大地から恵みを貰って一刻一刻を生きている
だから生命力が格段に違う
 
野草を干して25度の焼酎に漬ければ万病薬になるし
 
お茶にもなっておかずにもなる
 
あく抜きして乾燥させたら日持ちのする乾物になる
 
 
 
いざ鎌倉!!
 
 
 
という日が来てもおかしくないこの世の中、
食料はしっかり確保しておきなさい
 
生命あるものを取って食べなさい
 
 
そして 赤ちゃんが欲しいと思っている人はしっかり米を食べて塩分を取ること
 
減塩なんて絶対にだめよ!!
 
日本人なんだから。
 
高血圧の人も減塩して薬飲んだって何時までも治りやしない
 
しっかり塩分取りなさい  昔のヒトは一日30gとって健康で居たんだから。
 
 
そして千葉県に済んでる人は千葉県の物を食べなさい
 
地産地消で無農薬 is the BEST !!
 
 
 
とにかくここには書き切れないたくさんの事を教えていただき
 
大きな知識として私の中に入ってきました
 
 
 
食  とは  人に良い  と書くのよ。
 
 
 
 
 
 
私は早速ヨモギを摘んで お茶にしてのんだり
 
今後、お店ではタンポポコーヒーをメニューにいれてみたり
 
プレートに野草が一品のったり。
 
 
今回学んだ事を大切にしてゆきたいとお思います
 
 
 
 
この日、私を招いてくれた ジェントルマン には本当に感謝です
 
いつも沢山のことを教えてくれてありがとうございます
 
 
 
 
いいお勉強になりました。
 
 
 
 
Ryobay.
 
 
 
 
 
 


0 件のコメント:

コメントを投稿