2016/03/26

YUTASEZUTA スクールレポート 3/26

 
3月26日土曜日 御宿海岸 くもり
ひざたまにもも サイドオフ
 
4月にNSA検定4級を控えた生徒さんが
最終の調整を行いました。
 
要は プルアウトです。
 
----------------------------------
 
合格基準のプルアウトは
きちんと波の裏側にボードを返すことです。
 
そのためにはきちんと視線で沖にリードすることが必要です。
 
ですがやはり「プルアウトをしなければいけない」と頭で考えていると
ボードの動きに気を取られて 周囲を見ることを忘れがちです。
 
そこで。
検定直前でしたが、今日はあえて視線をはずすだけの練習を行いました。
 
テイクオフしてまっすぐすべる もしくは 横にすべる
そして沖に視線を向ける。
 
これだけを何本か繰り返し
またそのあと少しボードの動きを練習して―。
 
そうすると視線を外すとライディング中の余裕も生まれますし
肩も必然と沖に向くようになるので
やはりボードのかえりが良くなります。
 
あとはやみくもにプルアウトにトライせず
1本をしっかりと乗りつなぐ中で
安定したスピードを得た時に
プルアウトすればOKです。
 
検定が近い時や調整時期には
その動きを振り返る意味でも
練習を細かく分解して
ディテールを再確認します。
 
しっかりと感触がつかめれば最高です。
 
検定やコンテストは とても緊張しますし
コンディションに左右されるので
100%自分のスキルを発揮できるかと言うと
とても難しいです。
 
ですので、事前にしっかりと振り返り作業を行い
気持ちにも余裕を持たせて、極力
100%に近いスキルが出せるようにします。
 
どんなコンディションでも自分のやるべきことを明確にし
冷静に行うことがとても大切です。
 
検定などが近くなったからこそ
すこし余裕をもって おさらいするような感じで
サーフィンするのをおススメします。
 
YUTA
 

0 件のコメント:

コメントを投稿