2016/05/04

YUTASEZUTA スクールレポート 5/1 AM&PM


 
5月1日日曜日 AM 一宮海岸 / PM 太東海岸
 
この日は極端に波が小さい日でした。
 
午前は昨年もGWにお越しいただいた愛知のお客様。
午後はこのシーズン着実なステップアップを目指す女性のお客様。
 
別々にそれぞれを振り返ります。
 
--------------------------------------------------
 
波も極端に小さく そんなにコンディションが良くない場合には
練習課題を細かく分けていきます。
 
またレベル的に少し余裕のある場合には なるべく自分の身体やボードの動きを
意識して フォームの改善など ピンポイントで練習したいです。
 
午前のお客様は
 
・ターン時の身体のひねり方。
・ 足を天秤のように使うこと。
 
これを意識しました。
 
ターンについては さまざまなアングルからのアプローチがありますが
今回は 「上半身をひねり 下半身をついてこさせる。」
この部分をイメージして練習しました。
 
ただしそれだけでは ロングボードはターンしづらく
また小回りなターンをするには 少しテールを沈めてあげたいです。
 
テールを沈めるにあたり もちろんテールに加重していきたいですが
後ろ足ばかりではなく 前足も意識しましょう。
 
後ろ足を使いテールを沈めるとき 前足は少し力を抜いて
ひざをおへそに引き寄せるように します。
 
その力の加減は 後ろ足に加重した分 均等に
前足を 引き寄せるようにします。
 
イメージとしては 天秤のどちらかに物を乗せるとき。
物が乗った分 反対側は浮きます。
 
どちらかに大きく身体を動かすというよりかは
骨盤を中心に下半身のみで その動きを行うイメージ。
 
ゆくゆくは さほど頭がぶれないようになると良いでしょう。
 
そして実際には この動きと ターン時のひねる動きを
連動させることによって ターンが可能となります。
 
-------------------------------------------------------
 
そして午後はウォーキングの入り方をポイントに練習しました。
頭から歩くように―
 
すると、
・歩き出しの際に体の向きが少し横に向いてしまうこと
・すこし構え過ぎてしまうこと
 
この2点がやや癖っぽくなりつつあったことに気づきました。
 
そんな時は まず力を抜く事。
そして昨日のレポートのような 基本の姿勢を 意識することに尽きます。
 
加重・重心移動・かたむける・歩く・おさえる
などなど さまざまな動作がありますが
これらには一切力を使わない事、力まない事。
 
大げさにいえば 何もしないで ただ突っ立ってまっすぐ滑るのも良いでしょう。
 
最近はテクニカルなことを指導することが多々ありますが
それを実践するにはまずそれを取り入れるだけの余裕やリラックスした状態をつくりたいです。
 
最後は力も抜けて意識的なウォーキングの感覚をつかめました。
 
いかに力を抜くか。
いかに何もしないか。
 
すると
 
何をすべきか。
何をしたいか。
何ができるか。
 
のより深いところとリンクするようになるでしょう。
 
そうすると自分の理想のライディングや
気持ちいいサーフィンの構築につながっていくと思います。
 
YUTA

0 件のコメント:

コメントを投稿